直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜

直管係長TOP
 → CIRCUIT → サーキット仕様の愛車 → CIRCUIT STYLE




CIRICUIT STYLE 〜愛車をサーキット走行仕様に!〜
〜サーキット走行仕様に愛車のパーツを変更〜
(更新日:2007年4月)


「CIRCUIT」〜直管爆音主義〜
CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜
「天下の1JZ」  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜



CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜愛車を「STREET STYLE」から「CIRCUIT STYLE」へ。
何かこう書くとカッコイイですね(笑)。
簡単に言うと、普段の町乗り仕様から、サーキット仕様へ、愛車のパーツ交換の模様です。と言っても大した変更をする訳ではありません。壊れてもいい?状態にすると言った方が正しいかもしれません(笑)。
やはり、サーキットを走りに行くとエアロを破壊する確率が高いです。ダートに落ちただけでもリップなんか軽く飛んで行ってしまいます。独身の頃は壊れたら新しいエアロなんかをすぐ購入していたのですが、さすがに現在はそうは行きません。しかも現在はサーキット走行は年に数回程度。もっぱら町乗りメインで使用しているのが現状です。なので普段ドライブしている時にボロボロのエアロってのも自分的に嫌なんで、現在はサーキット用のエアロと町乗り用のエアロ、それぞれ分けて使用するようにしています。
昔は前日に取付したFバンパーを、その日にサーキット走行して破壊!って事もありました。で、次の日にまた同じバンパーを購入(涙)・・・・。今考えれば勿体無かったな〜(笑)。

マフラーも同じです。サーキットの1コーナーって右が多いですよね?100のマフラーは右出しなんで、よくタイコを潰してました。なので行き着く所は当然、直管!! もちろんノンタイコ仕様です(笑)。以前は町乗りでも使用したりしてましたが、現在の活躍の場はサーキットです。それに直管の方がテンション上がって調子良いです!!

そんな感じで、町乗り仕様との主な変更点はフルエアロ・タイヤ&ホイール・マフラーを交換。それとカッティングをボディーに貼って走りに行きます。
これで、破壊?を気にせずサーキットでドリフトを存分に楽しめます!!


CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜
そんな感じで「STEREET STYLE」から「CIRCUIT STYLE」への変更過程を記載します。
「至宝の1JZ」  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜



「CIRCUIT」〜直管爆音主義〜
■ 作業開始 ■



CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 最初はいつもの町乗りスタイル。本当であればこのままサーキットへ走りに行きたいのですが、まず私の腕ではこの状態での帰還はムリでしょう!(笑) 必ずどこか壊れます!
それにエアロを壊すのをびびりながら走るのはつまらないですからね。滅多に行けないサーキット。存分に楽しむ為に愛車をサーキット仕様に変更です。



● リアバンパー、マフラーの取外し ●
CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜
まずはリアから作業開始。
リアからやった方がまとめて出来ます。サーキットへ行く前に必ずやってる作業なんで、自分なりのパターンってのが出来てしまいました。
最初にジャッキアップをしてタイヤ&ホイールを外します。その後に車高の調整。サーキット用フロントエアロがヤマトのリップなんで、かなりエア短になります。このままの車高で行くと間違いなくサーキット到着前にエアロが無くなってしまいます(笑)。なのでリアもフロントに合わせて町乗り状態から約2cm程度、車高を上げます。ホントは上げたくないのですが、まぁ、しょうがない。エアロレスで走るよりはマシでしょう。アライメントも多少狂いますが、ちょっとキャンバーが立つ程度。2cm前後位であれば私的にはさほど違和感を感じません。ええ、不感症なんです(笑) でもトーがちょっとでも狂えばすぐ解ります。この辺りは私にとって性感帯なのかもしれません(笑)。



CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜

CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 町乗り用のリアバンパーはボルト4本とタイラップで固定してあります。なので取外しは簡単です。
バンパーを外したついでにマフラーも交換します。バンパーが無い方が作業性は楽です。特にBNはでかいですからね。
リアバンパー、マフラー取外し完了。



● 男管(自作直管マフラー)の取り付け ●
CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜
サーキット用バンパー取り付け前に男管の装着です。この男管とは自作の直管マフラー。もとはリード管を加工したものです。町乗り用のマフラーもリード管なので、リアピースだけ交換するだけで、爆音の直管マフラーになります。
でもこの男管を取り付けする時が一番ワクワクしますね!早くこの爆音直管マフラーで走りたい!いやでもテンションが上がってきます。時代は静音マフラーがブームですが、やっぱり私は爆音好き。いいおやじがこんなんでいいのか?とマジで考えてしまいますが、好きなものはしょうがない。たぶんじーさんになっても、土曜の夜には空吹かしして走り回ってると思います(笑)。
男管も問題なく取り付け終了。取付後の画像を見て下さい!マジで男らしい! なんて言うか、女を挑発してるというか、もし俺が女ならビショ濡れ状態間違いナシ!ブチ込まれたいリストNO,1です!



● サーキット用リアバンパーの取り付け ●
CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 今シーズンからサーキット用リアバンパーはファイナルコネクションに変更。これは以前町乗り用のエアロでした。
ま、だいたいサーキット用のエアロはこういうパターンが多いです。町乗り用のおさがりをサーキット用にする事がほとんど。
サーキット用にする事に当たり、大変な作業はステッカー貼りです。当然このバンパーも新しくステッカーを自作しました。丸2日位かかったかな〜?影も都度製作するので1つのステッカーに対して表のメッキと影の赤を作成しないといけないんです。
今回のステッカーのテーマは「目立ち」・「カッコよさ」、そして「笑い」です。あ、エロスも重要です(笑)。今回はオメガマークに「毛」もプラスしておきました。気合の証拠!



CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜

CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 このファイナルコネクションのバンパーはかなり大きいのでやはり加工が必要でした。こうなる事を想定していたので、前日にとすぃからサンダーを借りておきました。
男管の部分がバンパーに当たります。なのでこの部分をカットします。方法はいたって簡単。適当にカットします。ポイントはあくまでフィーリング、そんな感じでいいんです(笑)。
走ってれば分からないないですからね。
でもこれが町乗り用のエアロだったら、超真剣に寸法を測ってやるんだろうな〜(笑)。
男らしくカットして終了。これで男管が当たらなくなりました。



CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 あとは愛車に取り付け。
タイラップ6本で固定して終了です。
う〜んいい感じ。やっぱ前のサーキット用バンパー(T&Eのパクリ)よりでかいので、見た目的にも迫力倍増!割らないように気をつけなくては!



● サーキット用サイドステップの取り付け ●
CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 次に、サーキット用サイドステップの取り付けです。
リアをジャッキアップしたまま作業を続けます。
私のサイドステップはボルトでしっかり固定してあるのでリアタイヤを付けてしまうとナットが外れなくなってしまいます。なのでジャッキアップしたままが調子が良いです。



CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜
サーキット用サイドステップは左の写真。ヤマト製です。末広がり系なんで、町乗り用のファイナルコネクションより大きく、幅広になります。これも問題なくサクっと取付終了!



● リアタイヤの取り付け ●
CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 今迄の作業が終わったらリアタイヤ&ホイールの取り付けです。基本的にドリフト用のリアタイヤは何でもアリです。出来ればある程度食うタイヤがいいのですが、贅沢は言ってられません。タイヤに合わせて、16〜18インチ、何でもOKです。
今回取り付けたホイールはアルトシュタットの17インチ。9J+35です。こうやって見ると17インチは小さく見えますね〜。ツライチどころか完全に内側に入っちゃってます(笑)。ま、贅沢は言いません。貧乏暇なしです(笑)。



● 邪魔者の襲撃 ●
CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜
ぺーすけ登場。
自分がサーキットの準備が終わったもんだから、私の事を冷やかしに来たらしい。ちょうど私も疲れてきた頃だったので、手伝ってもらおうかと思ったら何にもしてやくれない!冷てぇ奴だぜ!
しかしぺーすけ号ってのは何かさえね〜んだよな〜。使ってるパーツも悪くないし、ボディーカラーも特注のカラーでオールペン済み。でも、さえねぇ〜!まぁ、オーナーがさえねーからしょうがないか!(笑) 飼い主に似る?って言うし。ぺーすけらしいな!一応記念?撮影!



● サーキット用フロントバンパー&タイヤの取り付け ●
CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 邪魔者を相手にしてると時間が無くなるので気にせず作業を続行。次はフロントバンパーとタイヤ&ホイールの取り付けです。



CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜
町乗り用のフロンントバンパーを外し、ジャッキアップ。でリアと同様に車高を2cm程度上げます。ちなみに解り易い車高調整の方法は、BKTに印を付けて何周 という様に行えば簡単です。戻す時も同じ周だけ戻せば元に戻ります。
その後サーキット用タイヤ&ホイールを取り付けします。ホイールはリアと同じくアルトシュタット。タイヤはネオバ!です。私のドリフトスタイルはフロントのグリップに頼る事が多いのでハイグリップじゃないと駄目なんです。まだテクが無い証拠かな。フロントも流しながら・・・・ってのはまずムリです。
さえないのが、タイヤサイズ。215/45R17です。外形が小さい・・・・・。フェンダーのクリアランスが目立つ・・・・(涙)。ま、たまよしからパクったタイヤなので、これも贅沢は言えません。



CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜
次にサーキット用バンパーの取り付けです。
サーキット用のバンパーは、後期純正改+ヤマトのリップスポイラーです。これも以前、町乗り用のエアロのおさがりです。このリップは気合入ってますよ〜!写真ではまぁまぁ綺麗に見えますが、実際はかなりデンジャラス!何度も修復して、かろうじて原形は保ってます(笑)。でも使える内は使います。完璧に修復出来なくなったら、交換しようと思います。実はもう一つ、スペアのバンパーを持ってます(笑)。
これもボルト1ケ、タイラップ4本でえ固定。取り付け終了。



● ステッカー、ヘッドバイザーの取り付け ●
CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜
あと外観上で重要なのは、目立ち度!
カッコイイ、カッコ悪いは別として、塩ビ板に貼ったステッカー類を両面テープでベタベタとボディーに貼り付けます。こうすれば再利用も出来るんでいい感じ?です。かれこれ、このステッカー類も3年位再利用してマス。ポイントは屋外用のカッティングを使用すれば色褪せません。ちょっと高いですけどね。
カッティングの次は、なんちゃってカーボンバイザーの取り付け。これも自作の貧乏仕様です(笑)。まぁ、これもあると気分的に盛り上がり?ます。これも両面テープで取り付け。



CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 次にリアシートを取外します。
外す理由は単に汚したくないだけです(笑)。どうしてもダートなんかに落ちると、ほこり&ドロだらけになってしまいます。掃除するのが面倒なんで外す事にしました。この方がタイヤを余計に2本積めるようになるのも利点です。



CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜 CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜
仕上げは「勃起管」の装着です!
これこそ俺らしい!(笑)。これは単に男管に差し込んだマフラーカッターのようなもの。自称、「竹槍」マフラーのつもりです。この反り具合が男らしい!俺が元気良くなっても、ここま勃起しませんヨ! ブチ込まれたい人がいたらいつでも言って下さい。彼はいつでも戦闘準備完了です(笑)。
まぁ、これに関してはカッコイイというよりもウケ狙いの方が大きいかな。ま、見たら指差して笑って下さい!
写真右のようにインナーサイレンサーも装着可能。これでおまわり対策もバッチリ!?



■ 完成!! ■
CIRCUIT STYLE  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜
一応、上記作業が終了すればサーキット仕様の愛車が完成です!
あとは、存分にドリフトするだけ! 楽しみだなぁ〜!
友達から言わせれば、「よくこんな面倒な事やってんなぁ〜!」と言われますが、確かに面倒です(笑)。でも今迄の経験上、こうする事が一番お金のかからない方法なんです。以前ドリフトにドップリはまってる時はホント色々な部品を壊しました。エアロはもちろん、マフラーやホイールなど。サーキットへ行く度にマジでいくら費やした事か・・・。以前のように、その度に新しい物を購入する事は現在では出来ません。なので良く壊す確率の高いものを初めから交換していけばOKという風に考えるようになりました。少しでも長く走る為でもあります。「この車が駄目になったら、新しい車は買わない!」って最近良く「鬼」に言われてるもんで・・・。貧乏サラリーマンにとっては辛い所です。
ま、こんな事やってるのも楽しいんで、私的にはアリだと思ってます。さすがに月1走る人にはムリでしょうけどね。私は年に数回、走る程度。楽しみながらやってます。


「天下の1JZ」  直管係長〜JZX100 CHASER TOURER-V〜






このページの一番上へ





直管係長-JZX100 チェイサー ツアラーV- TOPページへ!


inserted by FC2 system